日本三大船祭り 塩竃みなと祭へお邪魔しました!

シェアする

塩釜みなと祭 - お神輿

今回の日本一周の旅最初の目的地は、宮城県塩竃市で年に1度行われる「塩竃みなと祭」でした。

日本一周の出発日当日に、翌日にそのような祭りが行われることを知り駆けつけました!

スポンサーリンク

塩竃みなと祭とは

塩釜みなと祭

塩釜みなと祭

今年で70回目を迎える、日本三大船祭りの1つに数えられる行事です。

龍を模し、カラフルに彩られた御座船にお神輿を乗せ、多数の漁船を従えながら海を渡ります。

船祭り自体はじめてのことだったため、どのようなものか観にいくことにしました。

塩竃みなと祭堪能クルーズというものがあるらしい

第三芭蕉丸

第三芭蕉丸

今回のお祭りに参加すると決めた際に、より御座船を間近で見ることができる観光船があることを知りました。

しかしながらお祭りは翌日。

いきなり行って乗れるものなのかと不安になりましたが、念のため問い合わせてみることにしました。

問い合わせをしたのは祭当日

当日朝、運営会社に問い合わせをしてみたところ、すんなり予約が取れました。

予約を取ると往復2000円のところ1800円となり、予約の特典も得られたため、当日でも予約を取っていったほうが良いものでした。

「かなり混み合いますので早めにいらしてください」とのこと。

念のため、時間の1時間近く前に行きましたが、見学客でいっぱいになっていました。

出発の会場はマリンゲート塩竃

マリンゲート塩釜

マリンゲート塩釜

普段から観光遊覧船が発着している施設からイベントはスタート。

マリンゲート塩竃~松島まで渡ります。

私たちは車もあるため、塩竃まで戻ってくる往復便を選択しました。

マリンゲート塩竃は近隣にイオンタウンもあり、観光客や地元の買い物客でごった返していました。

町のお祭りの会場には声優の山寺宏一さんなどのゲストも来ていたようです。

船の時間の都合でそちらに出向けなかったのがやや残念。

マリンゲート塩竃では、観光船だけではなく飲食店などもありました。

今回は当日限定のソフトクリームをいただきました。

暑い中だったのでソフトクリームも行列ができていました。

暑かったのですごく溶けやすかった…。

出航の40分ほど前、早めに船に向かい乗船しましたが、窓際の席はほぼ満席。

扉から向かって右側の席は特に満員となっていました。

仕方なくあいていた左側の席に座りましたが、これが悲しい結果を生むことになろうとは…。

第三芭蕉丸に乗船

今回の観光フェリーである第三芭蕉丸に乗船しました。

いくつかある観光フェリーの中の一つです。

暑さ対策は必須

船内は通常冷房がかかっているそうなのですが、今回たまたま座った席が良くなかったのか、冷房が効かず、さらに陽も照っていて大変暑い。

私はうちわを持っていましたが、持っていなかったらと思うとぞっとします。

私たちが座っていた席の周辺の人だけがうちわをずっと仰いでいました…。

船内でアイスや飲み物の販売もされていましたが、熱中症対策は必須です。

特に時間ぎりぎりに乗船した方は船室に入れずずっと甲板に立つ形になるため、帽子をかぶってきたほうが良いと思いました。

出航、しかし御座船が通るのはフェリーの右側

御座船より先に観光船が出航する形となりました。

港に船舶している御座船を見られるのですが、この際方向の関係で見られるのは船室入り口から向かって右側の窓際のみ。

左側から見られるのは通常の漁船のみです。

御座船の横を通り過ぎたあとは海の沖へ行き、御座船の出航まで待機していました。

その後はしばらく海を眺めているのですが、左側に座った観光客からは「船を観に来たのにこれじゃ乗った意味がない・・・」と嘆く声も聞こえてきました。

その後も近くで御座船を見られるのは右側

その後何度か御座船が近くまで寄ってきてくれるサービスがあったのですが、間近で見られたのは終始右側のみでした。

通路側の席の方も立ち上がって観る場合があり、左側の席に座ってしまうとほとんど見えない状態です。

1度左側に回ったタイミングがありましたが、その際はかなり遠い位置でした。

帰路は御座船が通り過ぎた後

第三芭蕉丸から見た松島 - 鐘島

第三芭蕉丸から見た松島 – 鐘島

帰路は御座船がすでに松島へ向かった後のため、当然見ることはできません。

そのため、松島の自然や海の風景を眺めながら戻ることになります。

左側に座った場合はその一部の島々をくっきりと眺めることができます。

逆に右側でしか見られない島々もありました。

合計1時間半弱ほどのクルーズ

説明では1時間ほどのクルーズとのことでしたが、予定外に長くクルーズを楽しむことができました。

残念ながら御座船をはっきりと見学することはかないませんでしたが、ゆったりと船に乗り海の景色を楽しむことはできました。

席によって料金を変える等してくれたら良いのに…という不満は残りますが、そこは自由席なので仕方のない部分もあるでしょう。

御座船を目当てに行く場合は、座る席に注意しましょう

また、座席をとれなかった場合はクルーズ中ずっとたちっぱなしになるので、小さいお子さんやご年配の方と行く場合は特に、早めに乗船しましょう。