美しい八戸の種差海岸を望む 展望台と鳴き砂の海岸エリア編

シェアする

種差海岸 - 大須賀海岸

天然芝生地のエリアですっかりリフレッシュした私達は、元気いっぱいで移動。

引き続き海沿いの道を走ります。

スポンサーリンク

夏の海水浴穴場スポット「白浜海水浴場」

種差海岸 - 白浜海水浴場

種差海岸 – 白浜海水浴場

天然芝生のエリアより北上すると海水浴場があります。

駐車代は300円と格安!別途有料ですが浮き輪のレンタル等もありました。

いいお天気だし、疲れも吹っ飛ぶくらいリフレッシュしたし、これはもう泳ぐしかないでしょう!

ということで数時間海で遊んできました。

種差海岸 - 白浜海水浴場

種差海岸 – 白浜海水浴場

名前の通り白い砂浜、海も透き通った凄く綺麗な海岸。

良いお天気とはいえ気温はやや低めだったので、水はちょっと冷ため。海水浴場にしてはかなり波が激しかったです。

中高生の男の子達が数人で遊んでいたのですが、波に足をとられてしょっちゅうひっくり返ってました。楽しそうだったなぁ。(自分も遊んでて許可を取り忘れてしまったので写真は未掲載。無念。)

関東の海水浴場と比べると人も少なく、泳げるエリアも狭いです。

管理している方の人数も少ないためか、休憩時間が都度設けられます。

海の中で遊べる時間は自ずと短くなってしまいますが、人が少ない分快適そのもの。

夏のレジャースポットとしてはかなり穴場だと思いました。

ただ波が穏やかな日を選ばないと、ここは小さいお子さんには厳しいかなーと思います。

浅瀬の波が激しい海でした。

施設名 白浜海水浴場
住所 青森県八戸市鮫町字堀込32
電話番号 0178-39-3734
駐車場 有(近隣の海の家が個別で運営)
営業時間

年度により開設時期が異なる

※2017年は7/7~8/27 9:00~17:00の開設でした

鳴き砂の浜を歩く 大須賀海岸

大須賀海岸 - バス停

大須賀海岸 – バス停

白浜海水浴場から北上、バス停としては隣の停留所にあたる場所は「大須賀海岸」と呼ばれるエリアになります。

バス停から右側へ行くと一面の砂浜。

絵に描いたように真っ白な砂浜に青い海です。

海風が強いのか、木が斜めに曲がっているのが印象的。

大須賀海岸 - 砂浜

大須賀海岸 – 砂浜

絵に描いたような白い砂浜の海。絵になります。

このあたりは「鳴き砂の浜」で知られる場所で、砂に不純物が少なくサラサラとしています。

踏みしめると音がなることから”鳴き砂”というらしいのですが、音を鳴らすのは結構難しかったです。

条件が良い日だと歩く度に鳴ることもあるんだとか。

大須賀海岸 - 遊泳禁止

大須賀海岸 – 遊泳禁止

こちらは海水浴場よりもさらに波が激しいため遊泳は一切禁止。

景色を楽しむスポットです。

見るからに波が荒く危険そうだったので泳ぐ気にもならなかったです・・・。

バス停を挟んだ反対側は、階段が続き遊歩道になっています。

大須賀海岸 - 遊歩道

大須賀海岸 – 遊歩道

植物とのコントラストが綺麗です。

整備は最小限にとどまっていて、自然の風景が色濃く残されています。

海風が心地よく、真夏なのに涼しい場所です。

大須賀海岸 - 遊歩道

大須賀海岸 – 遊歩道

進んだ先にも海岸がありますが、こちらは波がさらに激しく、漂流物が多く転がっています。

サンダルだと足を怪我をしそうなくらいでした。

小さいお子さんだとちょっと危険がある場所かなと思います。

大須賀海岸 - 遊泳禁止エリア

大須賀海岸 – 遊泳禁止エリア

激しい波が打ちつけられる海岸は、それだけでも見ごたえ抜群。

けんちゃんが思わず「東映・・・」と呟いていたのが印象的でした。

ちなみに東映さんのあの映像は千葉県で撮影された物だそうです。

まさに映画に出て来そうな、迫力のある波の音と風景が観られます。

施設名 大須賀海岸
住所 青森県八戸市大字鮫町日蔭沢
電話番号
駐車場 有(整備されていないが、数台駐車可能なスペース有)
営業時間 近隣に施設無し

種差海岸随一の展望スポット 葦毛崎展望台

葦毛崎展望台 - 看板

葦毛崎展望台 – 看板

続いて大須賀海岸よりやや北部に位置する展望スポット「葦毛崎展望台」です。

こちらのスポットにも駐車場があり、車での訪問がしやすくなっています。

ドライブに来ているのは観光客だけではなく、ペットを連れた地元の方も多かったです。

葦毛崎展望台 - カフェ

葦毛崎展望台 – カフェ

駐車場の隣にはカフェがあり、デザートや飲み物が楽しめます。

「青森三大ソフトクリーム」と言われているお店で、マスクメロンのソフトクリームなどが販売されています。気になる…。

しかし、今回は海水浴の直後で身体が冷えていたため、購入は見送りました。

葦毛崎展望台 - 展望台

葦毛崎展望台 – 展望台

駐車場から先へ進むと階段が。さらに先には壁に囲まれた展望台があります。

建物の跡地のような、城壁のような、変わった形をしていますが、もともとは戦時中に海軍の監視所として使われていた名残だそうです。

周辺には植物が多く、しっかりとした建物とも廃墟とも違う、不思議な美しさがあります。

葦毛崎展望台 - 景観

葦毛崎展望台 – 景観

展望台から見えるのはもちろん絶景!

ここまでで通ってきた海岸も一望できます。

葦毛崎展望台 - 景観

葦毛崎展望台 – 景観

海を眺めるだけであれば海岸沿いのどこからでも見られますが、同じ町の海岸でも場所によって海の表情がまったく違って見えるのはすごいですね。

葦毛崎展望台 - 景観

葦毛崎展望台 – 景観

海岸には広い遊歩道が設けられており、この葦毛崎展望台が基点となっています。

遊歩道の花々の見ごろは6月~7月頃ですが、その季節を外したとしても、この海の迫力と絶景は見ものだと思います。

施設名

カフェテラス ホロンバイル

住所 青森県八戸市鮫町先祖ケ久保小舟渡平10−3
電話番号 0178-33-2222
駐車場
営業時間

9:00~18:00

(オンシーズンは19時まで営業している場合も有)

泳いで、遊んで、眺めて楽しめる種差海岸

種差海岸は眺めるだけのスポットかと思っていたのですが、今回のように泳げる海水浴場もありました。

夏に訪問する際はぜひ水着を持って、泳ぎに行ってみてはいかがでしょうか。

海も綺麗で、都会の海水浴場のような混雑もなく、のびのびと過ごせますよ。

ただし、波がかなり高い日もあるので、遊泳禁止エリアには注意しましょう。